最近はFF11ソロ活動日記

PV
Profile
検索
以前の記事
2013年 04月
2013年 01月
2011年 05月
more...
最新のトラックバック
裸一貫で三国ツアー!
from ねこまったり
第2回 団長ぬり絵大会ヽ..
from 【FFXI】なにも考えていま..
画伯の線画 塗ってみたよ!
from おきらくせいかつ@ばなでぃーる
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トゲバット団の芸人イベントネタ晒しますね
a0010805_1312480.jpg
さてさて、今回のイベントで
トゲ団がかましたネタは

A・「サブリガン外伝~サブリガ将軍の秘密~」
B・「ネタバトン大会」


せっかくなんでAのネタを晒しちゃいますね。
ゲリラ気味だったんで見られなかった人も多いようですし。
ていうかもう2度とやらないだろうし~




以下ネタログ抜粋。色々編集済みです。
この台本、イベント当日の朝に1時間ぐらいで作りました。
今は反省している。ウヒヒヒヒ。

(Speedo) じゃ、はじめるよ?

(Ziziopapa) おk

(Halnutz) OK

(Fumnuscc) かめらついてない

(Ziziopapa) 中にいます

Speedo : ただいま、こちらにリアルヴァナデールのカメラがむかっております

Speedo : せいいっぱい、目だっていきたい!

(Pual) おお~

Speedo : カメラがついたら、何事もなかったかのよーに

(Tanyako) おお~

(Feli) きたねw

Speedo : はじめたいと思います

(Fumnuscc) きたきた

Halnutzは手を振った。

Speedo : えーあー、ごほん

(Ziziopapa) おっけ!

Speedo : テステス

Speedo はテストの終わったマイクをNoroshiに投げて渡した
(Ziziopapa) うはwwテストでおわりww


Speedo : オイッス!

Speedo : オイラがトゲバット団団長・すぴーどまるであーる!!

Speedoは手を振った。


Speedo : トゲバット団は、ラグ鯖のネタブロガー集団である!

Speedo : 常にネタを求め、無ければ自分達で作ってしまえという、

Speedo : 非常にタチの悪い、けっこう有名な秘密結社である!

Speedo : URLは http://speedo.exblog.jp だ!

Speedoは勝ちどきをあげた!

(Speedo) じゃ、本番行くよー 3

(Speedo) 2

Noroshiは勝ちどきをあげた!

(Speedo) 1

(Ziziopapa) っけい




Speedo -----【エロヴァーン戦隊サブリガン】とは-----


Speedo : このヴァナディールには、冒険者でありながら・・・

Speedo : 獣人に味方する【獣人スパイ軍】という悪の結社が存在する。


Speedo : そんな奴らと戦うために、極秘で結成された正義の戦隊!

Speedo : それが【エロヴァーン戦隊・サブリガン】だ!

Speedo : 手にはトゲバット、股にはサブリガ!


Speedo : 今日も世界の平和のために!叩け!サブリガン!

Speedo : うなれ必殺トゲバット・クラッシュ!

Speedo : 注目の第1話~2話はトゲバット団 HPから!


Speedo -----Today's サブリガ Mission-----


Speedo : 我らが【サブリガン司令官】Speedoは、敵獣人スパイ軍幹部

Speedo : 【サブリガ将軍】Fumnusccの情報を集めるべく、極秘に

Speedo : 【サブリガン諜報部員】Ziziopapaを派遣していた。

Speedo : さて、その驚くべき調査結果とは・・・

Speedo -----これより本編が始まります-----


Speedo -----【エロヴァーン戦隊サブリガン外伝】vol.01-----


Speedo -----「驚愕!サブリガ将軍の秘密」-----

Speedo -----舞台:ウィンダス・サブリガン本部-----


※Speedo、舞台上でウロウロしている~

Speedo : ・・・ぉーぃ・・・・おーーーい!

Speedo : Ziziopapa!Ziziopapaはどこだーーー!

Speedo : まったく、あいつはッ・・・(゜Д゜)


※Ziziopapa、扉をあけて入ってくる~

Ziziopapa : は、はい!なんでしょうか司令官?

Ziziopapa : また「ミスラグラビアの載ってる週刊誌買って来い」ですか?


Speedo : Akbaba!ちがう!おばか!

SpeedoはZiziopapaをバシッとたたいた。


Speedo : こないだ、獣人スパイ軍のスパイしてくるように、と

Speedo : 言っといたじゃろ!


Ziziopapa : あっ!!


Speedo : ・・・「あっ」ってキサマ・・・・

SpeedoはZiziopapaをじっと見つめた……!

Speedo : ・・・まさか、忘れてた、なんてことは・・・


Ziziopapa : いえいえ、とんでもない!ちゃんと調べてきましたよ?

Ziziopapa : (やべえ、やってきてないや・・・どうやってごまかそう)

ZiziopapaはSpeedoの前で考え込んだ。


Speedo : じゃあ、さっそく報告してもらおうか。

Speedo : サブリガ将軍の私生活が分かれば、反撃のチャンスにもなる。


Ziziopapa : は・・・はいっ!

Ziziopapa : (しょうがない・・・適当なこと言っちゃえ!

Ziziopapa :     どうせ分からないし!!)

Ziziopapa ----------再現シーン------------


※Fumunuscc、突然派手に登場する~

Fumnusccのためる→Fumnusccの攻撃力アップ。

Fumnuscc : 変身!サブリガ将軍 Ver.クジャタ!

Fumnuscc : 我輩が、獣人スパイ軍幹部、サブリガ将軍(再現映像)である!

Fumnuscc : 本来の我輩の正装はこれではないのだが・・・

Fumnuscc : このサーバに降り立つ際に少々疲弊してしまってな。

Fumnuscc : 天の塔会場のバラゾク殿と似ているとか抜かす輩もいるが、

Fumnuscc : サブリガ将軍りらくぜぇしょんもぉどで我慢していただこう。

Fumnuscc : ふっふっふ・・・ はーっはっはっは!!


Ziziopapa ---------報告開始-------------


Ziziopapa : えーと、サブリガ将軍は朝は小鳥のさえずりで起きます。


Fumnuscc は小鳥のさえずりで目が起きた。


Fumnuscc : おはよう!小鳥さん!

Fumnuscc サブリガ将軍の歯がきらりと輝いた!


Speedo : ・・・えらくさわやかだなぁ・・・


Ziziopapa : え、ええ。そしてそのあと、犬の散歩に行きます。


Fumnuscc は犬の散歩の構え!


Fumnuscc : 今日もいい朝だ!

Fumnuscc サブリガ将軍の歯がきらりと輝いた!


Speedo : ・・・なんだか悪の幹部とは思えない朝の風景だな・・・?

Speedoは神妙な面持ちで考え込んだ。


Ziziopapa : (やべ!ごまかさなきゃ!)

Ziziopapa : いえ!その犬が凶暴なんです!噛み付いたり!

Ziziopapa ----------再現シーン------------


Fumnuscc は飼い犬に手を噛まれた。



Speedo : ・・・ふむ、なるほどな。悪っぽいな。裏切りか。

SpeedoはZiziopapaにうなずいた。

Speedo : ・・・・それから?


Ziziopapa : ええと、獣人スパイ本部に出勤します。電車で。

Ziziopapa -----------再現シーン-----------


Fumnuscc 次は~秋葉原ー 秋葉原ー リアルヴァナディールへお越しの


Fumnuscc お客様はこちらの駅でお降りください~


Speedo : 電車かよ!しかも敵本部、アキバにあるのかよ!


Realvanacamara : ありがと~!!w


Speedo : オマイ・・・適当なこと言ってないか・・・?

Speedoは神妙な面持ちで考え込んだ。

SpeedoはZiziopapaをじっと見つめた……!


Ziziopapa : (やばい!調子に乗りすぎたか!)


Fumnuscc やっぱり船だった。


Fumnuscc : まもなく、マウラを出航します。


Ziziopapa : (ナイス再現シーン!でかした!)


Speedo : ・・・いま、再現シーンだけ勝手に起動しなかったか?


Ziziopapa : 気のせいです!

Ziziopapa はもげんばかりの勢いで首を振った


Speedo : ・・・ふむ、まあいい。

Speedo : では次は、私からいくつか質問しようじゃないか。


Ziziopapa : えっ?(や、やばっ!)


Speedo : ・・・ズバリ、サブリガ将軍の弱点はなんだ?


Fumnuscc は水着ミスラの大群に弱い


FumnusccはZiziopapaに、にやりとして見せた。


Ziziopapa : 調子に乗ってまた勝手に起動すんなよ!

Ziziopapa : 落語の「まんじゅう怖い」かよ!

Ziziopapa はFumnusccをバシっとたたいた!


Fumnuscc ーーーーー再現シーンーーーーーー



Ziziopapa : 再現しねえよ!


Speedo : ・・・なるほど。それは納得が行く。


Ziziopapa : 納得しちゃうの!?


Speedo : なぜなら、私もミスラが弱点だからだ!(゜Д゜)ドッギャーン


Ziziopapa : (アホばっかりだ・・・)

Ziziopapa はガックリした



Speedo : ふむ、では最後の質問だが・・・

Speedo : サブリガ将軍の、必殺技はなんだ?


Ziziopapa : 必殺技!?


Speedo : そうだ、それさえ分かれば、サブリガ将軍恐るるに足りず!

Speedo : 調査依頼の際にも、最重要項目としていたはずだな?


Ziziopapa : えーとですね、えーとえーと


SpeedoはZiziopapaをじっと見つめた……!


SpeedoはZiziopapaをじっと見つめた……!

SpeedoはZiziopapaをじっと見つめた……!


Ziziopapa : (めっさ見てる… めっさ見てる…!!)

Ziziopapa : そ・・・そう!おなら!おならです!!

Ziziopapa ----------再現シーン------------


Fumnuscc は 「おぃおぃ!いくらなんでもそれはねぇだろう!」の構え



Ziziopapa : いいんだよ!やれ!やれってば!!

Ziziopapa ----------再現シーン-----------


Fumnuscc はいやいやながらおならの構え・・・・


Fumnusccが、デオドライザーを使用した。


Speedo : ・・・屁をこいたからどうだっていうんだ(;´_ゝ`)

Speedoはうんざりした。


Ziziopapa : えーとですね、えーとえーと

Ziziopapa : そう!すごい臭いんです!計り知れないぐらい!

Ziziopapa : モルボルすり潰した青汁とか毎日飲んでるから!!


Speedo : うはっ!それは臭そうだ!

Speedoはビックリした!


Speedo : 敵ながらあっぱれな努力!感動した!

SpeedoはFumnusccを賞賛した。


Fumnuscc : ・・・・・それも再現するのか?


Speedo -----再現シーン-----



Fumnuscc : --再現シーン--じぇねぇよ!

Fumnuscc : つうかなんでお前が再現シーンのキュー出ししてんだよ!

Fumnuscc : ダレだって嘘だってきづくだろ!こんなもん!


Speedo : あーおじる!あーおじるっ!

SpeedoはFumnusccと共に気合いをいれた!

Ziziopapa : あーおじる!あーおじる!

ZiziopapaはSpeedoと共に気合いをいれた!

Speedo : あーおじる!あーおじるっ!

SpeedoはFumnusccと共に気合いをいれた!

Ziziopapa : あーおじる!あーおじる!

Speedo : さあ、お客さんも一緒に!


ZiziopapaはSpeedoと共に気合いをいれた!


Speedo : あ、そーれ!

Speedo : あーおじる!あーおじるっ!

SpeedoはFumnusccと共に気合いをいれた!

Ziziopapa : あーおじる!あーおじる!

ZiziopapaはSpeedoと共に気合いをいれた!

観客A : あーおじる!あーおじる!

観客B : あーおじる!あーおじる!

観客C : あーおじる!あーおじる!

Pual : あーおじる!あーおじる!

観客D : あーおじる!あーおじる!

Noroshi : じるじるーーーー


Fumnusccはポロポロと涙を流して泣き出した。



観客E : あ~おじる!あ~おじる!!

Ziziopapa : あーおじる!あーおじる!

観客F : あーおじる!

観客G : あーおじる!あーおじる!

観客H : あーおじる!

ZiziopapaはSpeedoと共に気合いをいれた!

観客G : あーおじる!あーおじる!

Satos : あーおじるっ

Realvanacamara : おーおじる!!

観客H : あーおじる!あーおじるッ!

観客I : あーおじる!あーおじる!

観客C : あーおじる!あーおじる!

観客J : あーおじる!あーおじる!


Fumnusccが、猛毒薬を使用した。


観客K : あ~おじるw

観客C : あーおじる!あーおじる!

観客Sは拍手した。

Ziziopapa : のめー!

観客L : あーおじるっ

観客M : あ~おじる!


Fumnusccは倒れた。



観客N : あーおじる!あーおじる!

観客B : あーおじる!あーおじる!

観客O : あーおじる!あーおじる!

Satos : あーおじ

観客E : あ~おじる!あ~おじる!!あ~おじる~

観客I : w

観客P : あーおじる!あーおじる!

観客K : ww

観客Q : あーおじる!あーおじる!w


Speedo : サブリガ将軍をたおしたぞーーー!

Speedoは喜んだ。


Ziziopapa : やったー!!

Ziziopapaは喜んだ。


観客R : あーおじる!あーおじる!

観客C : あーおじる!あーおじる!

観客B : あーおj(ry


Speedo : みんなのちからだ!!!

Noroshiはビックリした!


Ziziopapa : ありがとう!!

Ziziopapaは手を振った。


Speedo : あ、それから、Ziziopapa。

SpeedoはZiziopapaに指差して見せた。


Speedo : おまい、とりあえずクビね?


Ziziopapa : がびーん!! やっぱし?


Speedo -----The End-----



Realvanacamara : wwwww

Speedo : はい、ありがとうございました~~


観客Hは拍手した。


Speedoはおじぎした。

Ziziopapaはおじぎした。

Halnutzはにやりとしている……。

観客F : w

観客Lは拍手した。

観客Sは拍手した。

観客Mは拍手した。

観客Hは拍手した。


Fumnuscc : 何のコントだ!これは!

Ziziopapa : つぎの就職先探さなきゃな・・・・

Realvanacamara : ありがと~

Fumnuscc : 謝れ!サブリガンヒーローショーを期待してたお客さんに謝れ!

FumnusccはSpeedoをバシッとたたいた。


観客Tは拍手した。


観客Uは拍手した。

Realvanacamaraは手を振った。

観客Sは拍手した。


Speedo : ま、トゲバット団は悪の秘密結社だからね?

Speedo : これからも皆さんの期待を裏切りつづけます!

Speedoはサヨナラのあいさつをした。

Speedo -----True End-----


Ziziopapaはおじぎした。


観客F : w

観客Sは拍手した。

観客K : ww

Ziziopapaはおじぎした。

Speedoはおじぎした。

観客Sは拍手した。

観客Gは拍手した。

観客Qは拍手した。

観客Mは拍手した。

観客Hは拍手した。

観客Qは拍手した。

観客Jは拍手した。


Speedo : さーて、みなさん

SatosはNoroshiを応援した!

観客MはSpeedoに拍手した。

Speedo : トゲバット団の「サブリガン外伝」いかがでしたでしょうか

Speedo : ~~~(中略)~~~

観客H : www

Fumnuscc : 略すな!

Speedo : ええい、めんどうだ、みんなでSS撮りませんか?

観客SはSpeedoに拍手した。

Halnutz : なに略したんだよ!

Speedo : せつめいめんどくなった(´д`)

FeliはSpeedoに何かを放り投げた。

Speedo : みなさんで、舞台にあがって

Halnutz : なに略したん425だよ

Speedo : トゲバット団めいぶつ、時報/hurrayを

観客C : 425ww

Speedo : しっちゃかめっちゃかになろうがかまわなす!

Speedo : みんなでかちどき!

a0010805_213827.jpg
というわけで全員集合SS!

ご来場頂いたお客さん、ありがとうございました~

[PR]
by speedo_ragnarok | 2005-11-26 01:35 | トゲバット団!
<< 今週のトゲバット団! ~秋のホ... 芸人イベントスナップ >>
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.